Event is FINISHED

6/13(木) "食べられるバラ"のROSE LABOより 香りに包まれるローズ化粧水&ルームフレグランス手づくりファンミーティング vol.3

Description
【ファンミーティング内容】
好評につきvol3を迎えました!国産・農薬不使用の「食べられるバラ」を自社で栽培するROSE LABOより代表取締役社長の田中綾華といっしょに「食べられるバラ」の力をワークショップ形式でお伝えします。

紫外線も強くなってきた今日この頃、お肌のケアも心配ですよね。実は女性にうれしいバラの力を理解しながら、一緒にバラをとりまく環境なども学んでみませんか?
今回は「食べられるバラ」の力と香りをダイレクトに感じていただける化粧水とルームフレグランスを手作りします。気分転換にも最適な2つのアイテムを楽しみながらつくりましょう!

*ROSE LABOのローズティーや食べられるバラをつかったスナックをいただきながらのカジュアルなワークショップです!

*ワークショップ参加お手土産あり
ご自宅でもROSE LABOのバラを楽しんでいただけるアイテムを準備しております


*前回の様子

【ワークショップ内容】
・ ROSE LABOストーリー(ブランドご紹介)
・「食べられるバラ」ってどうやって育てているの?
・ バラを取り巻く環境
・ 知ってうれしいバラの力
・「食べられるバラ」の香りの化粧水とルームフレグランスづくり
・ 歓談タイム


【日時】
6月13日(木)
19:00~20:30 (開場:18:50)

【会場住所】
ルートキッチン(Root kitchen)
〒107-0052 東京都港区赤坂3-19-1 東京農村 5F


【お問い合わせ】
pr@roselabo.com


【ROSE LABO株式会社】
2015年設立。埼玉県深谷市にある自社農園で農薬を使わず「食べられるバラ」の栽培にのみ特化し、一貫生産体制で運営を行っています。

オンラインショップ: https://www.roselabo.jp/


【講師】
ROSE LABO 代表取締役
田中綾華


学生時代に自分の人生を模索し続ける中「食べられるバラ」の存在を知る。もともとバラ好きな曾祖母の影響から一念発起し、
家族に農業関係者はいなかったが、大学を中退し、農家に弟子入りをする。農薬を使わずに育てることは不可能といわれるバラの栽培に成功し、通常5年かかるといわれる新品種の開発を2年で達成。

現在は埼玉県深谷市にある自社農園にて「食べられるバラ」の栽培をする一方、高齢化の進む日本の農業界の中でROSE LABOロールモデルとなり、第6次産業化を積極的に進めるための新しい価値を日々生み出しつづけている。
Thu Jun 13, 2019
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京農村 Root kitchen & 室内菜園 5F
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都港区赤坂3-19-1 日本 Japan
Organizer
ROSE LABO|食べられるバラの農家
60 Followers